ソリューション

SOLUTION

豊富なソリューションの中から、お客様の課題に沿ったご提案を行います

M&A・組織再編

海外M&Aアドバイザリー

アウトバウンド・アドバイザリー業務

弊社のアウトバウンド・アドバイザリー・サービスは、買い手のニーズに合わせ、対応が必要な項目をワンストップのみならずパーシャルに提供できることが特徴です。

M&Aにおける買手サイドのプロセス

プロジェクト・チーム組成のイメージとプルータスの役割

弊社は、案件の性質に適したプロジェクト・チームの編成をファシリテートし、プロジェクト全体の取りまとめを行います。

* 税務ストラクチャリングは、日本の税理士の関与も必要になります。

取引実行支援・事業計画モデリング業務

取引実行支援

◆ プロジェクト・マネジメント(売り手・買い手の調整・連携支援/スケジュール管理)を支援します。
◆ 貴社が起用するリーガルアドバイザー及びDD(財務・税務・法務)チームと連携して、プロジェクト全体の進行をファシリテートします
◆ 財務的な合意条件の交渉支援をします。
◆ 売主との交渉に関する後方支援、個別論点の検討を支援します。

事業計画モデリング

◆ 作成された事業計画(PL・BS・CFなど)をベースとして、投資委員会における稟議や、金融機関とのディスカッションに耐えうる詳細なシミュレーションモデルを構築します。
  事業計画で用いられている前提の整理や、計算の確認、またマクロを用いた KPI の最適化など、モデルを用いてプロジェクトの重要な意志決定をサポートします。
◆ モデル内で用いる前提値などは、貴社とのヒアリングを通じて合意したものを使用いたします。
◆ 成果物として、エクセルモデルを貴社に提出いたします。

株式価値分析業務

第三者として、客観的な観点からの株式価値分析

◆ 貴社が株式価値を検討される際の参考資料として、対象会社の株式価値を分析いたします。
◆ 初期段階における株式価値の水準確認や感応度分析を予備的な価値分析として実施し、貴社内部検討や交渉により最終的な事業計画が確定した後に最終報告書を作成します。

 Phase 1:予備的価値分析
  ・基本合意(LOI)の締結前に入手可能な情報(IM等)・前提に基づいて予備的な価値分析を実施します。
  ・前提条件のシミュレーションに基づく、株式価値の感応度分析を実施します。

 Phase 2:最終報告書の作成
  ・LOI締結後に開示される追加情報、貴社より提示される対象会社の最終的な事業計画
  (及びその他の前提条件)に基づき、対象会社の株式価値を分析し、最終報告書を作成します。

Pocket

M&A・組織再編の事例

お気軽にお問い合わせ下さい。
 

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

M&A・組織再編のソリューション

その他のソリューションを見る