プルータスのソリューション

SOLUTION

豊富なソリューションの中から、お客様の課題に沿ったご提案を行います

会計アドバイザリー

減損テスト

のれんの減損テスト

国際財務報告基準(以下、「IFRS」といいます。)適用上、減損損失は、事業等の単位(資金生成単位)に関連する資産等の簿価が、これに対応する回収可能価額を超過する場合における当該超過額として測定されます(以下、資金生成単位の簿価と回収可能価額の比較の手続を「減損テスト」といいます。)。
通常、減損の処理においては、原則として、業績悪化等、減損損失が発生する兆候(以下、「減損の兆候」という。)が発生している場合等に限り減損テストが実施されますが、IFRSにおいては、のれん等が存在する場合、減損の兆候の有無に関わらず、毎期減損テストを実施する必要があります。

サービス内容

プルータス・コンサルティングは、評価の専門家として、クライアントのニーズに応じ、のれんの減損テストに関するサービスを柔軟かつ効果的にサポートします。

のれんの減損テストにおける留意点とプルータス・コンサルティングの強み

 価値評価・ファイナンスに対する高度な知見が必要となります。

回収可能価額の評価には、通常の会計処理とは異なり、価値評価及びファイナンスに関する適切な理解が前提となっており、リスクや市場の状況に応じた適切な判断が求められます。

 IFRSに対する深い洞察が必要となります。

ファイナンスの領域のみならず、IFRSを含む会計領域に対する重名理解、解釈、そして抱負な実務経験が求められます。

 監査法人との適切なコミュニケーションが必要なります。

減損損失に伴う影響は、著しく大きくなる可能性を孕んでいます。適切な事実関係の伝達やロジック等、適切なコミュニケーションを行っていくことが求められます。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。
わたしたちがサポートいたします。

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

会計アドバイザリーのソリューション

その他のソリューションを見る