ソリューション

SOLUTION

豊富なソリューションの中から、お客様の課題に沿ったご提案を行います

インセンティブプラン

事業承継に関するサービス

譲渡予約権(相対コール・オプション)

譲渡予約権(相対コール・オプション)

株主が保有する株式を一定の条件の下で他者が購入できる権利をいいます。資金調達やストック・オプションの手法として用いられる新株予約権と異なり、取引の主体が株式の発行会社ではなく、株式を保有する株主との相対によるものであることが特徴です。
譲渡予約権を用いることにより、株主が保有する株式を一定の条件の下で他者に譲渡することで、オーナー経営者が保有する株式を一定の条件を満たした後継者に対して譲渡することができるなど、資本政策やインセンティブの手段として活用することが可能となります。
プルータス・コンサルティングは、譲渡予約権による相対コール・オプションを、その公正価格に相当する金銭を対価として設定することをご提案しております。

活用できる場面

創業者の保有する株式を後継者(候補)に譲渡したいが後継者としての適格性に迷っている場合

権利行使に一定の条件を設定した譲渡予約権を活用することによって、条件を満たさない場合には譲渡が発生せず、後継者としての資質を見ながら譲渡を実施することが可能となります。

オーナー経営者が保有する株式を資産管理会社に譲渡したい場合

譲渡代金をすぐに用意できないときに、予め譲渡価格を確定しつつ譲渡期日を後日に設定することが可能となります。

ストック・オプションを導入したいが潜在株式比率に余裕がない場合

オーナーの保有する株式を対象としたインセンティブプランを構築することで、他の少数株主との個別交渉を省略しつつインセンティブプランを導入することが可能となります。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。
わたしたちがサポートいたします。

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

事業承継に関するサービスのソリューション

その他のソリューションを見る