メンバー紹介

STAFF

プルータスのプロフェッショナルコンサルタントをご紹介

メンバー紹介

役員

野口 真人 代表取締役社長

京都大学 経営管理大学院 特命教授

京都大学経済学部卒業。みずほ銀行(旧富士銀行)、JP.モルガン・チェース銀行を経て、ゴールドマン・サックス証券の外国為替部部長に就任。デリバティブが目新しかった時代から一貫して事業法人や大手機関投資家に対して運用手法をアドバイス、その間ユーロマネー誌によるアンケートにて3度最優秀デリバティブセールスに選ばれる。

2004年に株式会社プルータス・コンサルティングを設立。主な著書に「ストック・オプション会計と評価の実務」(共著、税務研究会出版局)、「ストックオプション儲けのレシピ」(同友館)、「種類株式・新株予約権の活用法と会計・税務」(中央経済社)、「戦略資本政策(新時代の新株予約権、種類株式活用法)」(中央経済社)。

岡田 広 専務取締役

慶應義塾大学経済学部卒業。三菱UFJ銀行(旧東京銀行)、同行ニューヨーク支店、JPモルガン・チェース銀行(旧チェース・マンハッタン銀行)、ゴールドマン・サックス証券、BNPパリバ銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランドを経て現職。ニューヨークでは、アジア通貨危機の最中、事業法人への中南米通貨などの新興国通貨についてデリバティブを活用したリスクヘッジを提案し、その後も機関投資家、事業法人などの為替・金利のデリバティブセールス業務に従事。
現在は、新株予約権、転換社債、種類株、時価発行新株予約権信託®、譲渡予約権等の各種有価証券・手法の活用による戦略的な資本政策を提案している。

関連記事

山田 昌史 常務取締役

米国公認会計士・京都大学 経営管理大学院 客員教授

早稲田大学商学部卒業。組織再編・種類株式等の有価証券発行を中心に大手企業からベンチャー企業まで様々なフェーズの資本政策関連のアドバイザリー業務に従事し、多数の案件を手掛ける。最近の具体的プロジェクトとしては、年間多数の上場会社の公開買付け、株式交換、スクイーズアウトによる完全子会社化、共同株式移転などの組織再編アドバイザリーを担当するほか、フェアネス・オピニオン業務、第三者割当てに係る資金調達アドバイザリー、非上場会社の資本構成の再構成コンサルティング、時価発行新株予約権信託などのインセンティブ・プラン導入コンサルティングなどがある。
セミナー、企業研修講師多数。多くの裁判案件や企業買収に係る第三者委員も務める。 著書に「企業価値評価の実務Q&A」(分担執筆、中央経済社)、論稿に、旬刊商事法務No.2126「JCOM最高裁決定の示唆する「公正な手続」と実務」(共著)、No.2105「各種インセンティブ・プランの比較と時価発行新株予約権信託の最新動向」(共著)、企業会計Vol.68No.5「制度の変遷で理解する株式報酬諸制度のメリット・デメリット」、旬刊経理情報No.1487「フェアネス・オピニオンの基礎知識と活用場面」(共著)、No1468「第三者割当新株予約権の設計上のポイント」、No1432「株式価値をめぐる近時の裁判例をどう読むか」(共著)No1285「第三者割当増資等に係る事前相談の準備ポイント」などがある。

関連記事

根岸 秀明 取締役

第1号社員として創業期から参画。16年にわたるプルータスでのコンサルティング経験を活かし、Capital Markets、M&A、IPOを中心とした幅広い領域で支援を行っている。
公的資金に係わる優先株式の発行案件や政府系ファンドからの大型資本調達案件、第三者割当増資に係わる差止請求の対応やTOB/MBO・スクイーズアウトの紛争対応といったポストディール案件にも多数関与。2006年には旧カネボウ株式買取価格決定申立事件の鑑定チームに参加し、東京地裁からの委嘱に基づく鑑定案件のサポートに従事。
近年は、プライベート・エクイティ・ファンドの投資先に対するマネジメントインセンティブの制度設計や、スタートアップ企業と投資家に対する報酬戦略の助言も積極的に行っている。
また日本のスタートアップ・エコシステムの発展に向けた支援の一環として、ストック・オプション2.0のテーマに関する講演活動にも熱心に取り組んでいる。

関連記事

岡野 健郎 執行役員 マネージング・ダイレクター

M&A・組織再編を目的とした事業価値評価、株式価値評価、株式交換・合併比率の算定、フェアネスオピニオンの提供、独立委員会への財務アドバイザリー、財務報告目的の評価、税務目的の評価、優先株式・新株予約権の評価などのサービスを、20年以上にわたって提供している。2017年にプルータスに参画以前は、PwC(東京及びロンドン事務所)のバリュエーション部門で、国内案件のみならず、クロスボーダー案件も数多く手がけた。PwC以前は、大手事業会社の財務部10年、スターンスチュワート社でのEVA導入等の財務コンサルティング業務2年の経験を有している。

顧問

  • 砂川 伸幸 特別顧問 アカデミック・アドバイザー

    京都大学経営管理大学院教授 博士(経営学)

    神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了。神戸大学経営学部助手、ワシントン大学ビジネススクール客員研究員、神戸大学大学院経営学研究科教授など歴任。主著『財務政策と企業価値』(有斐閣、2000年)、『日本企業のコーポレートファイナンス』(共著、日本経済新聞出版社)、『経営戦略とコーポレートファイナンス』(共著、日本経済新聞出版社)、『はじめての企業価値評価』(共著、日経文庫)

  • 樫谷 隆夫 顧問

    公認会計士・税理士

    日本公認会計士協会の前常務理事、理事として経営コンサルティング・公会計を担当。数多くの政府の審議会・委員会などの委員長、委員を歴任。成長戦略、企業再編など、企業再生フレームワークの策定や、高度で複雑な税務戦略コンサルティングに強い。2011年秋 黄綬褒章を受章、2012年6月 東京電力株式会社の社外取締役に就任。

  • 河添 博 顧問

    税理士

    国税庁にて税務行政の最前線に従事し、2010年以降は本庁及び東京・大阪国税局にて大口、悪質、処理困難事案を担当。東京国税局では、次長としてパナマ文書等の国際課税や富裕層課税、組織再編及びタックスヘイブン税制等の最先端分野の税務調査を指揮した。第61代麹町税務署長を経て2019年に退官し、現在は税理士として様々な税務相談に対応するほか、組織再編や事業承継など税務面からの企業コンサルティングを中心に活躍する。

  • 中江 史人 顧問

    京都大学経済学部卒業。三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行、ニューヨーク支店及び米州本部為替統括責任者、本社国際資金為替部次長、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)国際為替資金部副部長、スタンダードチャータード銀行東京支店ホールセールバンキング共同代表 兼グローバルマーケッツ部門長を経て、2013年4月より株式会社プルータスコンサルティング顧問に就任。1996年4月~1999年3月には、東京外国為替市場委員会議長を務めた。

  • 田中 雄一郎 顧問

    公認会計士・税理士

    慶応義塾大学経済学部卒業。太田昭和監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)に入社後、金融機関・商社・海運会社等の会計監査、株式上場支援業務等に従事。1997年会計事務所を開業、上場企業グループの会計税務コンサルティング業務を行う。2004年に法人化、上場企業本体の税務顧問、申告業務、M&A税務を主業務とする税理士法人トラストを設立。2005年経理・総務・人事に特化した人材紹介業の株式会社ビクウィースを設立。2006年加賀電子株式会社の社外監査役に就任。2006年株式会社Trustコンサルティングを設立し、M&A・企業再編業務を手がける。

  • 三田 哉 顧問

    東京大学工学系大学院修士課程修了(航空工学専攻)。野村證券・バークレイズキャピタル証券・みずほ証券にて勤務。みずほ証券においてエクイティ系ストラクチャラーヘッド及びエクイティトレーディングヘッドを務める。
    著書「デリバティブズ・ビジネスⅠ・Ⅱ」(中央経済社)「証券会社の儲けの構造」(中央経済社)「デリバティブズ・ビジネス入門」(中央経済社)

  • 関連記事

    内村 匡一

    エグゼクティブ・ダイレクター
    公認会計士

    大手監査法人、コンサルティング・ファーム等において、監査、IFRS等へのコンバージョン、海外上場支援、財務デュー・ディリジェンス、バリュエーション等に関する業務に従事。現在、株価算定、PPA、のれんの減損テスト等のサービスを提供するとともに、IFRSを含むアカウンティング・アドバイザリーも併せて提供している。

  • 関連記事

    石田 良輔

    ダイレクター 公認会計士

    京都大学大学院理学研究科修士課程修了。監査法人及び税理士法人にて、監査、アドバイザリー、税務に関する業務を経験後、現在、大手企業からベンチャー企業まで様々な局面の株価算定、虚偽記載関連の株価分析を含む株式価値を巡る裁判対応、オプション・CBワラントの設計評価まで幅広く多数従事。

  • 関連記事

    石川 大地

    ダイレクター 公認会計士

    大手監査法人グループのコンサルティング会社にて、業務支援コンサルティング(IFRS導入支援・予算策定支援等)や官公庁のリサーチ業務等に従事。現在はM&A関連及び会計関連のアドバイザリー業務を担当。

  • 関連記事

    玉理 俊平

    エグゼクティブ・マネジャー

    事業会社を経て、プルータス・コンサルティングに入社。入社後は、スタートアップ、IPO準備企業から上場企業まで各種企業の成長段階に応じた資本政策に関連する一連の業務に多数関与。

  • 関連記事

    花田 剛志

    エグゼクティブ・マネジャー

    プルータス・コンサルティング入社後約10年間、資本政策のアドバイザリーに従事。主に資本業務提携、第三者割当増資のアレンジ及び増資スキームに関するアドバイザリー、インセンティブプランのコンサルティングに数多く携わる。

  • 関連記事

    山本 修平

    エグゼクティブ・マネジャー

    早稲田大学法学部卒業。株式会社ジャフコにて投資活動、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社にてM&Aアドバイザリー業務に従事。2012年にプルータス・コンサルティング参画。趣味:剣道、四段、中段、得意技:引き面、出小手。第34回全国道場対抗剣道大会優勝。

  • 関連記事

    脇 嘉幸

    エグゼクティブ・マネジャー

    大学院卒業後、プルータス・コンサルティングへ入社し、主に信託型のインセンティブプランや譲渡予約権を駆使したスキームに数多く携わる。プルータス・コンサルティングで信託に関する導入支援した案件のうち、ほぼ9割に関与したスペシャリストである。

  • 野田 明臣

    エグゼクティブ・マネジャー
    公認会計士

    大手監査法人にて会計監査に従事後、事業会社にてIFRS導入から決算業務、監査対応、子会社管理業務を経験。現在、株価算定、PPA等のバリュエーション業務及びデュー・ディリジェンス業務の他、会計アドバイザリー業務に従事。

  • 佐藤 慶和

    エグゼクティブ・マネジャー
    公認会計士

    大手監査法人及び中小監査法人にて会計監査に従事後、コンサルティング会社にて中小企業における同族株主からの株式集約及びグループ内組織再編の支援等に従事。現在はM&A関連及び会計関連のアドバイザリー業務を担当している。

  • 石村 亮

    マネジャー 公認会計士

    日系証券会社の株式引受部門、大手監査法人の財務報告アドバイザリー部門を経てプルータス・コンサルティングに入社。監査法人では、監査、IFRS導入支援、内部統制への対応支援等に関する業務に従事。現在は、株価算定、PPA、のれんの減損テストの他、会計アドバイザリー業務に従事。

  • 藤原 豊

    コンサルタント
    日本証券アナリスト協会検定会員(CMA®)

    議決権行使助言会社、IR支援会社、投資情報配信会社を経てプルータス・コンサルティングに入社。現在、株価算定、上場企業のMBOによる非公開化案件におけるFA業務、フェアネス・オピニオン業務、のれんの減損テスト等、幅広い提供サービスに携わる。

  • 古谷 明士

    コンサルタント
    日本証券アナリスト協会検定会員(CMA®)

    SMBC日興証券を経てプルータス・コンサルティングに入社。株価算定業務に従事し、資本業務提携、第三者割当増資、フェアネスオピニオン等、バリュエーション多数関与。スタートアップ企業から上場企業まで幅広く携わる。

  • 高 暁珺

    コンサルタント

    京都大学経営管理大学院を卒業後、プル―タス・コンサルティングに入社。組織再編を目的とした事業価値評価、株式価値評価、及び種類株式・新株予約権の評価等を中心にサービスを提供している。中国語及び英語対応の海外案件に多数関与。

  • 宮城 拓真

    コンサルタント

    大学を卒業後、プルータス・コンサルティングに入社。株価算定業務を中心に、上場未上場を問わず資本政策や組織再編に関するアドバイザリー等幅広い業務に従事。

  • 関連記事

    須田 健太郎

    コンサルタント

    みずほ証券等を経てプルータス・コンサルティングに入社し、新株予約権の設計評価業務に従事。主に未上場企業やスタートアップ企業向けにインセンティブとしての有償ストックオプションや時価発行新株予約権信託の導入支援に多数関与。

  • 長田 和憲

    コンサルタント

    大学卒業後、証券会社にて個人・中小企業向け営業に従事。主にリスク資産による資産運用のアドバイザリーを中心とした業務を手掛ける。2018年プルータス・コンサルティングに参画。現在はスタートアップ企業と上場企業のソーシングに従事。

  • 西本 梨子

    コンサルタント

    大学卒業後、現物資産による資産運用のアドバイザリー業務に従事。プルータス・コンサルティングに入社後、スタートアップから上場企業まで幅広い企業に対し、資本政策全般に関するコンサルティング業務を行っている。

  • 大野 諒

    コンサルタント

    大学を卒業後、リクルート等を経てプルータス・コンサルティングに入社。株価・事業価値算定業務に従事し、スクイーズアウト、M&A案件、第三者割当増資、SOの権利行使価格決定及びアドバイザリーの基礎等となる様々な案件のバリュエーションに多数関与。

  • 関連記事

    木村 友二

    コンサルタント

    研究機関、官公庁勤務、個人投資家、事業会社経営企画部にてM&A業務等に従事後、プルータス・コンサルティングに入社。早稲田大学政治経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。大学非常勤講師も勤める。共訳書『市場を創る ―バザールからネット取引まで』(NTT出版)

  • 西 延男

    コンサルタント

    大学を卒業後、国内金融機関に入社。リスク管理、国際税務、及び収支分析等に従事し、海外グループ会社において経営管理の責任者を経験。プルータス・コンサルティングにおいては非上場会社の株価算定、及び英語対応案件に関与。

  • 関連記事

    津川 泰輔

    コンサルタント

    早稲田大学法学部卒業、立教大学大学院法務研究科修了。企業の資本政策に関する研究を深め、市場経済システムの質を高めることを目標としてプルータス・コンサルティングに入社。現在、主としてインセンティブ・プランのコンサルティングを手がけ、新株予約権等の設計・評価、発行アドバイザリー業務に従事。

  • 江﨑 俊介

    コンサルタント

    京都大学大学院総合生存学館修士号取得。国家公務員(総合職)として内閣府へ入府し、経済財政政策の企画立案、総合調整関係業務に従事。プルータス・コンサルティングにおいては、資本政策アドバイザリー、有価証券設計・評価等、幅広い業務に関与している。

  • 高畑 亮一

    コンサルタント

    政府系金融機関にて融資業務に6年間従事。経営者に寄り添い、社内体制の構築、事業規模の拡大や企業価値の向上について対話を重ねた経験を基に、現在は、スタートアップから上場企業まで幅広い企業に対してインセンティブプランや資本政策に関する提案を行っている。

  • 関連記事

    林 将大

    コンサルタント

    大学卒業後、野村證券、香港の金融機関にて幅広い金融業務に従事した後、Fintechスタートアップへの経営参画を経て現職。スタートアップから上場企業まで幅広いフェイズの資本政策を支援。 慶應義塾大学経済学部卒、北京語言大学中国語課程修了

  • 渡邊 蔵之介

    コンサルタント 公認会計士

    大手監査法人において、金融機関向け法定監査の現場主査を経験するとともに、会計関連のアドバイザリー業務に従事。現在、株価算定、PPA、のれんの減損テスト等のサービスを提供するとともに、IFRSを含む会計関連のアドバイザリー業務も併せて提供している。

  • 細野 健太

    コンサルタント

    大和証券にて個人のお客様をはじめ、地方公共団体や財団法人のお客様を対象に資産コンサルティング業務に従事。プルータスコンサルティングへ入社後は、ストック・オプションを用いたインセンティブ・プラン等を中心に、設計・評価業務に従事。

  • 渡邉 晃広

    コンサルタント

    大学卒業後、みずほ銀行にて地方の中堅中小企業向け経営課題解決に向けたソリューション営業に従事。現在はバリュエーション業務を中心に、M&A関連及び会計関連のアドバイザリー業務を担当している。

  • 関連記事

    岩佐 秀典

    ダイレクター

    ストック・オプションなどのインセンティブ・プランの提案をはじめ、第三者割当の新株予約権、CB、種類株式等のコンサルティング業務に多数関与。セミナー講師実績有り。

  • 関連記事

    北村 康一

    ダイレクター

    プルータス・コンサルティング入社以降、種類株式、新株予約権(ワラント)、新株予約権付社債(CB)等の第三者割当増資やストック・オプションなどのインセンティブ・プランのコンサルティングに数多く携わる。

  • 関連記事

    明石 正道

    ダイレクター
    京都大学 経営管理大学院 研究員

    一人旅を愛し、道中の顛末をblogに綴って十余年を重ねる。培われた文章表現を活かし「企業価値評価の実務Q&A」の執筆を初版から一貫して担当する。データ配信サービスValue Proの開発にも携わり、資本コストの算定に造詣が深い。

  • 関連記事

    森 由季

    エグゼクティブ・マネジャー

    外資系銀行、証券会社を経てプルータス・コンサルティング入社以降、主に新株予約権(ワラント)やストック・オプションなどのインセンティブ・プランのコンサルティング、発行サポートに数多く携わる。

  • 関口 貴子

    マネジャー

    日本銀行にて外国為替管理業務、国庫関連規程の改廃等に、大手証券会社にてグローバル・オファリング、不動産流動化等のドキュメンテーション業務に従事。現在は、主に法務及び内部管理を担当。慶應義塾大学法学部法律学科卒業

  • 南形 帆波

    マネジャー

    IT企業でのコンサルタントを経て、現在は広報・マーケティング業務に従事。
    ※プルータス・コンサルティングへの取材のご依頼・プレスリリースに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはお電話(03-3591-8123)にて常時受付。

お気軽にお問い合わせ下さい。
 

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら