社員インタビュー

INTERVIEW

社員インタビュー

エクイティ・アドバイザリー部(EAS)

林 将大

慶應義塾大学経済学部卒、北京語言大学中国語課程修了。野村證券、香港の金融機関にて幅広い金融業務に従事した後、Fintechスタートアップへの経営参画を経て現職。スタートアップから上場企業まで幅広いフェイズの資本政策を支援。

日本一の専門機関でファイナンスのプロに

私は新卒で証券会社に入社し、富裕層向けの資産運用に関する営業を担当していました。プルータスを知ったのは、自身が当時顧客に紹介していたIPOやファイナンス案件の多くに、プルータスが評価機関やアドバイザーとして関与していたことがきっかけです。
プルータスは、少数精鋭の体制にもかかわらず、上場企業・未上場企業を問わず、年間1,000件を超える案件で業務を提供しているため、コンサルタント一人当たりが携わることができる案件数はおそらく日本一だと思います。これまでの経験を生かして、さらに高度な会計・税務・法務などの専門知識が身に付き、成長スピードも期待できる環境で、ファイナンスのプロフェッショナルを目指したいと思ったことが入社の決め手となりました。


部署について

エクイティ・アドバイザリー部(以下、EAS)の業務は、大きく分けて二つあります。一つ目は、「ストック・オプションの価値評価」。主に、IPOを目指すスタートアップや上場企業が発行するストック・オプションの、設計および公正価値の評価を行います。また業界のリーディング企業として新たなスキーム開発にも積極的に取り組んでおり、漆間総合法律事務所 松田弁護士と共同開発した信託型ストック・オプション(時価発行新株予約権信託®)はその代表例です。
業務内容の二つ目は、資金調達目的で発行される「転換社債・優先株・新株予約権の価値評価」。トヨタ自動車が発行したAA型種類株式や、シャープが発行したC種種類株の価値評価など、上場企業を中心とした様々なエクイティ・ファイナンスに携わっています。カウンターパートは、財務担当役員や経営企画室の方など。多岐にわたる論点を整理しながらスケジュールを進行していくため、業務を通してプロジェクトマネジメント能力も培われると思いますよ。EASには現在約10名のメンバーが所属しており、2人1組のメンター形式で案件に取り組んでいます。


責任感がやりがいに繋がる

なぜ、私どもが提供する第三者評価が必要かというと、企業経営において、そこには様々な“利害関係者”が存在しているからです。例えば、株式や新株予約権を発行する場合には、株主・従業員・監査法人・取引所・投資家など、数々のステークホルダーに影響を与えることになります。プルータスはそういったステークホルダーに対し、独立した第三者の立場から価値評価を行うことで、判断基準を提供しているのです。
また、企業の経営者においては、プルータスの評価によりコーポレートアクションの妥当性を検証し、対外的に説明責任を果たす際の指標として活用いただいています。企業の将来を左右するような大型案件にも携わることができるのは、プルータスならではの魅力ではないでしょうか。クライントから「無事にプロジェクトを完了できたのは林さんのおかげです。ありがとう!」と感謝の言葉を掛けていただいた時には、とてもやりがいを感じますね。


最高水準のソリューションを

日々の業務において意識していることは、一つひとつプロジェクトを丁寧に対応することです。また、実地で多くを学ぶことで、専門家として日々スキルアップしていくことも大切だと感じています。このような積み重ねが、クライアントの企業価値成長に繋がり、さらには資本市場の発展に貢献することができれば大変嬉しく思います。現在は案件業務のみならず、事例分析のレポートやメールマガジンの執筆など、情報発信にも積極的に手を挙げて取り組んでいるんです。
クライアントごとに異なる多種多様な課題に対し、常に質の高いソリューションを提供できるようなコンサルタントを目指します。


応募はこちら

コンサルティング部(CS)

江﨑 俊介

京都大学大学院総合生存学館修士号取得。国家公務員(総合職)として内閣府へ入府し、経済財政政策の企画立案、総合調整関係業務に従事。プルータス・コンサルティングにおいては、資本政策アドバイザリー、有価証券設計・評価等、幅広い業務に関与している。

内閣府からのキャリアチェンジ

もともと、経済的価値の測定に興味があり、内閣府の経済財政部局に勤務していました。経済財政政策に関する重要事項に触れる中で、事業再編や株式価値を分析するバリュエーション業務に興味を持ち、プルータスと出会いました。民事司法改革の進展、コーポレート・ガバナンスの普及、アクティビスト・ファンドの活躍といった社会情勢からも分かるように、第三者評価の必要性は近年高まりを見せています。社会的需要が高く急成長している企業でスキルを磨きたいと考えたこと、そして面接でお会いした先輩方の熱意に惹かれたことがきっかけで、入社を決めました。


部署について

クライアントと最初に接点を持つ、フロントの役割を担っているのがコンサルティング部です。資本政策に関する課題をヒアリングし、プルータスが持つプロダクトを組み合わせた解決手法の検討・提案を行います。今では一般的となった有償ストック・オプションや、最近のトレンドである信託型ストック・オプションも、プルータスが「クライアントファースト」の精神で開発してきたスキームのひとつです。決裁者と直接やりとりをさせていただき、プロジェクトの最前線に立って価値提供ができることに、とてもやりがいを感じますね。

また、常に異なるシチュエーションにおいて、臨機応変で柔軟な発想を持ちながら提案を行うことで、プレゼンテーションスキルが身につきます。業務を通して、会計・税務・法務にまたがる専門知識が求められるので、日々の勉強は欠かせません。チームの同年代のメンバーと、互いに切磋琢磨しながら取り組んでいますよ。


パイオニアとしての使命

2006年に本邦初の独立系第三者評価機関として設立されたプルータスですが、金融業の長い歴史の中で、“第三者評価機関”の存在意義は社会的に認知され始めたばかり。だからこそ、初めて資本政策に触れる方にもご理解いただけるよう、プルータスの存在やその必要性をしっかりと伝えていくことが肝心です。我々コンサルティング部はこの「まず知ってもらう」という段階において、重要な役割を担っているんです。それだけではなく、プロジェクト完了まで考え抜き、クライアントへ提供する価値を最大限に高めることこそが大切だと、私は思っています。プルータスの社是(=PLUTUS WAY)に「自ら神輿を担ぐ人になります」という文があるのですが、まさに神輿を担ぎ続けてプロジェクトを完走した際には、大きな達成感を得ることができました。


自ら神輿を担ぐ人になる

プルータスで働く魅力として一番に挙げたいのは、新たな事業領域を切り開くことができる点です。
有価証券の設計・評価のパイオニアとして、画期的なソリューションを生み出してきた先輩方の文化が根付いているため、若手でも手を挙げればチャレンジできる環境が整っています。また、学術界との親和性も高く、常にバリュエーション業務の最先端を走っていることを実感できるというのも、プルータスならではですね。
こうした環境を活かし成果を挙げられるかはもちろん自分次第ですが、自ら新たな価値を創り上げることの醍醐味を味わうことができるはずです。


応募はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。
 

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら