ニュ-ス

NEWS

プルータスの新着情報

ニュース

【プレスリリース】「海外M&Aにおける財務アドバイザリー業務」を拡大しました

プルータス・コンサルティング(以下「当社」といいます。)は、グローバルネットワークを有する監査法人・会計事務所グループとの連携を通じて、海外M&Aにおける財務アドバイザリー業務(以下「本サービス」といいます。)の実施体制を強化いたします。

本サービス拡大の背景

日本国内における合併・買収(M&A)の件数は7年連続で増加しており、本年4月には昭和60年の調査開始後最高となる419件(株式会社レコフの調査結果)を記録しました。増加の主たる要因となっているのが、日本企業による販路拡大と技術獲得を目的とした海外企業のM&Aです。
クロスボーダーM&Aにおいては、対象とする企業の財務状況が不透明であったり、所在地によって業界の商慣行や交渉方法が異なったりするなど、国内企業同士のM&Aにはない特有の障壁が存在します。そのため、案件全体を取りまとめ、取引実行を支援する第三者機関による助言の必要性が高い領域といえます。

当社は、国内企業が関与するM&Aにファイナンシャル・アドバイザーまたは第三者評価機関として多数関与し、リフィニティブ(旧・トムソン・ロイター)による日本M&Aレビューのファイナンシャル・アドバイザーランキングでも常に上位を占める実績を持ちます。
本サービスの拡大によって、当社がファイナンシャル・アドバイザーとして培った知見を基礎に、国際的な組織を持つ会計事務所並びに弁護士事務所等との連携の強化を通じて、クライアントの海外M&Aにおける様々なニーズに対応可能になります。

サービス内容

図は、国内企業が海外企業を買収する場合を前提に、当社と海外事務所の連携を通じたサービスの一例を示したものです。当社のサービスは次の三つに大別されます。

1.取引実行支援
主として次の側面から取引の実行を支援します。
● プロジェクト・マネジメント(売り手・買い手の調整・連携支援/スケジュール管理)の支援。
● 法務アドバイザー及びDD(財務・税務)チームとの連携。
● 財務的な合意条件の交渉に関する支援。
● 売り手側との交渉に関する後方支援、個別論点の検討に関する支援。

2.事業計画モデリング
作成された事業計画を基礎として、与件の変化が将来の業績予測に及ぼす影響を検討するのに有用なシミュレーションモデルを構築します。

3.株式価値分析
買収価格を検討するにあたっての参考に供するため、第三者評価機関として株式価値を分析します。

 

>>サービスページはこちら

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。
 

-お電話でのお問い合わせ

03-3591-8123平日09:00-19:00

-メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

このニュースを読んだ人はこんなニュースも読んでいます。

  • 株式会社光通信の有償ストック・オプションの設計及び公正価値の算定

    株式会社光通信(東証1部 9435)が有償で発行した新株予約権につき、第三者評価機関として設計及び公正価値の算定を実施しました。 本新株予約権には、下記の業績条件が設定されております。 「...

    続きを読む

  • 山田 昌史

    取締役 < 米国公認会計士・京都大学 経営管理大学院 客員教授 > 執筆 メールマガジン  2020年2月28日   「公正なM&A指針」後の独立委員会実務の変化  2019年10月18日 ...

    続きを読む

  • 岡野 健朗

    執行役員 マネージング・ダイレクター 執筆 メールマガジン    2019年11月22日 「海外M&Aにおける財務アドバイザリー業務」の拡大 ニュース メディア掲載     2019年7月...

    続きを読む

  • 根岸 秀明

    執行役員 マネージング・ダイレクター ニュース セミナー/イベント   2020年4月15日 リブ・コンサルティングと共催でウェブセミナーを実施しました セミナー/イベント   2019年9...

    続きを読む

  • 内村 匡一

    フィナンシャル・アドバイザリー部 エグゼクティブ・ダイレクター < 公認会計士 > ニュース セミナー/イベント   2020年2月21日  レコフデータ セミナー登壇のお知らせ セミナ...

    続きを読む

  • 岩佐 秀典

    エクイティ・アドバイザリー部 ダイレクター ニュース メディア掲載     2020年3月3日  雑誌「経理情報」に掲載されました 執筆 PLUTUS+レポート   2016年8月24...

    続きを読む