企業価値評価用データ配信サービス【ValuePro】

ValueProとは

企業価値(株式価値)の評価方式は、過去において、税務上の取扱いを準用するなどの方法が慣習的に採用されているケースがありましたが、現在では理論的に体系化されており、グローバル・スタンダードとして収益方式(収益還元法やDCF法など)や比準方式が使われることが一般的です。

収益方式においては評価の基礎数値として、「割引率」の算定が必要となりますが、 実務上の割引率の算定や適用にあたっては、実証データによる十分な裏付けが行われておらず、結果として、不適切な割引率を採用し、企業価値評価結果に深刻な影響を与えることが少なくありません。

本サービスは、本邦の上場企業3000社以上の膨大な株価データを基に、「割引率の算定」に必要な基礎数値である
●エクイティ・リスクプレミアム
●ベータ値(レバード・ベータおよびアンレバード・ベータ)
●サイズ・リスク・プレミアム

などを定期的に更新し提供します。

また、中小企業庁による非上場株式等の評価方法についての考え方を示した『経営承継法における非上場株式等評価ガイドライン』におきまして、 当社プルータス・コンサルティングは、『β値』、『エクイティリスクプレミアム』、『小規模リスクプレミアム』の算出企業として紹介されております。


【本配信サービスの特徴】

■全上場市場の株価データが対象
東証一部から新興市場の銘柄まで3,629社(平成21年1月16日時点)、上場されている全ての銘柄の基礎数値を提供します。また各市場毎の類似業種、時価総額別数値の提供なども参照できます。

■市場実勢を反映した基礎数値
マーケット・リスクプレミアムの算出においては、通常のヒストリカル・データ(過去の株価収益率)による手法に加えて、個別企業の市場での株価と収益率を用いた「インプライド・リスクプレミアム」も提供します。これにより、「もし評価対象企業が上場した場合の想定株価」の価値評価も可能とします。

■評価に必要なデータのカスタマイズをサポート
 業種別、規模別の基礎数値のみならず、資本比率を勘案したベータ値の調整(Unlevered) やサイズ・リスク・プレミアムや流動性ディスカウントなど、割引率の調整に必要な基礎数値を提供します。 これにより、市場価格の存在しない非上場株式においても、精緻な割引率の算定が可能となります。  また個別のサービスとして、類似企業の加重平均のβ値の算出も行います。

■常に最新情報を配信
市場は常に変動しているため、企業価値(株式価値)評価には最新のデータが必要となります。 本サービスにおいては月次更新されたデータ配信を行うため、お手元にはいつも最新のデータが整います。(基礎数値によって、更新のタイミングは異なります。)

■データアクセスおよび加工の利便性
オンライン申し込みにより、リアルタイムでの情報発信が可能となります。また一部データはエクセルでの提供もあり、必要に応じたデータの加工が可能となります。

価格表
サンプルデータはこちらお申し込みはこちら