プルータス・コンサルティングとは

最高水準のスキルを持った公正価値評価機関・クライアントの立場に立った有価証券設計のアドバイザリー

プルータス・コンサルティングは、「有価証券の設計・評価」という、今まで存在しなかった全く新しい業務を確立しました。

新会社法の施行以降、「株式の買取請求」や「新株予約権の有利発行性」をめぐる紛争が増加しています。 株主の利益を守るためにも、経営者の「公正価値による有価証券の発行」を忠実に履行する義務が益々重くなっているのです。 同時に、種類株式や新株予約権など、普通株式にはない様々な機能を持った有価証券も広く用いられるようになりました。資本政策においては、発行する有価証券の評価の公正性のみならず、設計の巧拙が問われる時代となったのです。

プルータス・コンサルティングは、時代の要求にこたえるべく、

「金融工学、会計、税務、法務のスペシャリストの融合」

「完全なる独立性」

「最先端の金融商品開発力」

を武器に、業界のリーディングカンパニーとしてクライアントの企業価値向上に貢献していきます。